Luminous DJ: 操作情報を投影するDJインタフェースの提案

2017-03-02

一般的に DJ の学習は,演奏動画や実際の演奏を視聴することによって行われる.しかし,手本となる演奏を見るだけで操作すべきUI の位置や操作量を読み取るのは負担が大きい.また,ライブ会場で用いられるDJ コントローラと学習者の所有するDJ コントローラとの間でUI の配置が異なる場合,その対応関係を理解しなければならず,学習の障壁となる.そこで本研究では,演奏時に記録された操作情報を,DJコントローラ上に投影するシステム「Luminous DJ」を提案する.本システムによって,ユーザはUI の位置や操作量を理解でき,異なるコントローラ間でのUI の対応関係を気にすることなく学習できる.

When a person wants to learn how to became a DJ (Disc Jockey), they normally watch videos and go to live performances from different artists. However, this method of learning brings with it the difficulty of understanding of when the person has to change values, and how to do it depending on the song itself. In this research, we propose a system that projects previously recorded performances into the DJ controller. This new feature allows the users to have an easier understanding of how they use their instruments, and how to operate them. In this paper, we show the outline of the proposed system and the prototype developed.

 

Publication

伊藤 いずみ, 橋本 直, “Luminous DJ : 操作情報を投影するDJインタフェースの提案”, 情報処理学会インタラクション2017論文集, pp.170-171 (2017年3月2-4日, 明治大学中野キャンパス) PDF