MouthOver: 発話と口の表情を代替するマスク型デバイス

2017-03-02

発話や口元の表情形成は,コミュニケーションにおいて重要な要素である.しかし,本人の性格や体調,生まれつきの外観などの精神的・肉体的要因によって,十分なパフォーマンスを発揮できないことがある.このような問題を解決するために,本研究では発話と口の表情を代替するマスク型デバイス「MouthOver」を提案する.提案システムでは,マスクにスピーカとディスプレイが搭載されており,事前に録音された音声と,コンピュータで加工された口の画像が提示される.これにより,ユーザは自身の精神や肉体の状態に関係なく,状況に応じた発話と表情形成を実現できる.

The ability to utter and create expression of the mouth is an important element in communication. However, it may not be possible to demonstrate sufficient performance owing to mental and physical factors such as the person’s personality, physical condition and natural appearance. In order to solve these problems, we propose a wearable device called “MouthOver” that substitutes voice and mouth expression. In the proposed system, a speaker and a display are mounted on the mask, and it presents the recorded sound and the image of the mouth processed by the computer. This allows the user to utter and create expression that suits the situation, regardless of their own mental and physical conditions.

Publication

石井 綾郁, 橋本 直, “MouthOver: 発話と口の表情を代替するマスク型デバイス”, 情報処理学会インタラクション2017論文集, pp.844-845 (2017年3月2-4日, 明治大学中野キャンパス) PDF