ぬいぐるみエージェントの目の高さがユーザの印象形成に及ぼす影響

2017-06-01

対話システムの構成手法のひとつに,ぬいぐるみをエージェントとして用いる手法がある.本研究では,ぬいぐるみエージェントの目とユーザの目の高さ方向の位置関係がユーザの印象形成にどのような影響を及ぼすかを検証した.実験では,ぬいぐるみを天井から吊り下げ,参加者に対して音声による情報提示を行い,その印象を評価した.ぬいぐるみエージェントの目の高さを高条件,中条件,低条件の3条件に設定し比較した結果,高条件のときに最もぬいぐるみエージェントからユーザへの興味を感じることが示された.

The Influence of Eye Level Height of Stuffed Toy Agent on Impression Formation
Abstract: Using a stuffed toy as an agent is one of a method of constructing dialog system. In this research, we examined how eye level height of a stuffed toy agent affects users’ impression formation. In our experiment, participants were presented with information by voice and they evaluated impression of the stuffed toy hanging from the ceiling. We compared impression by setting eye level height of the stuffed toy agent to 3 conditions which are high, middle and low. As a result, it was shown that users feel most interest from the stuffed toy agent to users under high condition.

Publication

佐竹 澪, 小松 孝徳, 橋本 直, “ぬいぐるみエージェントの目の高さがユーザの印象形成に及ぼす影響”,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), 2017-HCI-173(15), pp.1-8 (2017年6月1-2日, 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー) PDF