腰背部へのせん断力提示による歩行誘導に関する一検討

2017-12-06

目的地へのナビゲーション手法として,スマートフォンの地図アプリケーションが一般に普及している.しかし,視覚的な教示は「歩きスマホ」を招く要因となり,安全面で問題が生じる.また,音声ガイダンスや振動による教示では,ユーザが提示された情報の意味を解釈する必要がある.このような課題を解決するには,ユーザを無意識的に誘導し,提示された情報の解釈を極限まで減らすことが理想である.本研究では,リュックサックに内蔵された機械装置によってユーザの歩行誘導を行う手法を提案する.リュックサックと腰背部の間にせん断力を与えることによって腰部の回転を相対的に感じさせ,無意識的に歩行方向を誘導する.腰背部へせん断力を提示するデバイスを実装し,歩行誘導への適用可能性について検証した.

A smartphone map application is generally spread as a navigation method to a destination. However, the visual navigation causes “Texting while walking”. In teaching by voice guidance or vibration, it is necessary for the user to interpret the meaning of information presented. In order to solve such problems, it is ideal to navigate the user unconsciously and to minimize the interpretation of information. In this research, we propose a method to navigate walking of the user by mechanical equipment build in backpack. By giving shearing forces between the backpack and the back of the waist, the rotation of the waist is relatively felt, and the walking direction is unconsciously navigated. We installed a device that presents shearing force to the back of the waist and examined its applicability to walking guidance.

Publication

原田 玲央, 橋本 直, “腰背部へのせん断力提示による歩行誘導に関する一検討”, 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2017),(2017年12月6-8日, 八ヶ岳ロイヤルホテル) PDF