ソーシャルメディアのための空間性を考慮した動画提示手法

2018-03-05

スマートフォンのような,カメラを搭載し常時インターネットに接続可能な携帯端末が普及したことで,ソーシャルメディアにおいて特定の出来事を撮影した複数の動を視聴できる機会が増えた.そのような動画の性質として,さまざまな位置から撮影されていること,撮影者のユーザ情報と紐付いていることが挙げられる.そこで本研究では,ソーシャルメディアに投稿された動画を対象とし,撮影時のカメラの位置・姿勢や撮影者の情報をバーチャル空間上に三次元表示することで,撮影空間に対する動画や撮影者の関係性を可視化する手法を提案する.提案手法によって,見たいアングルから撮影された動画の選択を容易にすることや,誰がどこから撮影していたのかという情報からユーザが新たな意味情報を見出せるようにすることを目指す.

Mobile devices that having camera and internet connection such as smartphone have been popular. As the result, many videos shooting same event are posted on social media. Such videos are taken from multiple viewpoints and also associated with user information of photographers. In this research, we propose a method for creating 3D virtual space for utilizing videos posted on social media. It visualizes spatial relationships of videos and photographers with respect to the shooting space by displaying camera position/attitude and photographers’ information in virtual 3D space. Our purpose is to allow user to watch the video from desired angle and to find new meaning information from the display of who was shooting from where.

Publication

佐竹 澪, 橋本 直, “ソーシャルメディアのための空間性を考慮した動画提示手法, 情報処理学会インタラクション2018論文集, pp.1066-1067,(2018年3月5-7日, 学術総合センター) PDF