HappyMouth: マスク型デバイスによる対面コミュニケーション能力の拡張

2018-03-16

 

本研究では,人間の対面コミュニケーション能力を拡張するマスク型デバイス「HappyMouth」を提案する.本システムでは,マスクに小型ディスプレイが内蔵されており,口元での映像提示を行うことができる.映像提示の機能として,ユーザが自分の好みの口を選択して表示する機能,ユーザの発話をテキスト化して字幕表示する機能,ユーザの発したキーワードをインターネットで画像検索した結果を表示する機能がある.提案システムで口の画像を表示した装着者に対してどのような印象を持つのかを評価した結果,提案システムの装着者は一般的なマスクの装着者に比べて魅力的で積極的な印象を受け,あたたかさを感じさせるということがわかった.また,提案システムの装着者より一般的なマスクの装着者の方が素っ気ない印象を受けるということがわかった.字幕表示機能および画像検索・表示機能については著者自身の主観評価を行い,提案システムの可能性について検討した.

In this research, we propose a mask type device “HappyMouth” which extends human face-to-face communication ability. In this system, a small display is built in the mask, and it is possible to present images at the mouth. As a function of video presentation, this system has a function that the user selects and displays his/her favorite mouth, a function to display the user’s utterance as a text, and a function to display the result of image search by keyword issued by the user. As a result of evaluating the impression for the wearer of the proposed system, we found that the wearer of the proposed system received an attractive, positive and warm impression compared with the wearer of the general mask. We also found that the wearer of the general mask received a drier impression than the wearer of the proposed system. For the function to display subtitles and the function to search and display images, we made a subjective assessment of the author and examined the possibility of the proposed system.

Publication

石井 綾郁, 小松孝徳, 橋本 直, “HappyMouth: マスク型デバイスによる対面コミュニケーション能力の拡張”, 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), 2018-HCI-177(7), pp.1-7 (2018年3月16-17日, 明治大学中野キャンパス) PDF