Satellite Eyes: 人の周囲を回転するカメラアームを用いた視野拡張システム

2015-03-05

朝の身支度や服の試着時において,自分の背面や側面の姿を確認しながら作業を行うのは難しい.そこで本研究では,壁に固定された回転するカメラアームによって自分を任意の方向から撮影するシステム「Satellite Eyes」を提案する.ユーザはタッチディスプレイを操作することによって見たい位置にカメラを移動させ,撮影された自分の姿を見ながら試着や整髪を行うことができる.

It is difficult to adjust oneself with seeing own back and side in dressing or trying on clothes. We propose the system, “Satellite Eyes” which provides a view point on a circular orbit around the user by the arm with a camera fixed on the wall. The user operates the angle of the camera by operating a touch-display and the user can look at the part which he/she wants to see.

Publication

長嶋 麻里奈, 橋本 直, “Satellite Eyes: 人の周囲を回転するカメラアームを用いた視野拡張システムの提案”, インタラクション2015論文集, pp.772-773 (2015年3月5-7日, 日本科学未来館・東京国際交流館) PDF