研究」カテゴリーアーカイブ

Omniocular: お気に入りの役者を注視するためのオペラグラス型システム

舞台作品の楽しみ方の一つに,自分の好きな特定の役者を追って注視する鑑賞法がある.この方法では,役者の表情や仕草などからその役の細かい心情の変化や物語の伏線について発見することができる.しかし,舞台の視認性は座席位置に依存するため,すべての座席でこのような鑑賞法を行うことは難しい.… 続きを読む »

ぬいぐるみエージェントの目の高さがユーザの印象形成に及ぼす影響

対話システムの構成手法のひとつに,ぬいぐるみをエージェントとして用いる手法がある.本研究では,ぬいぐるみエージェントの目とユーザの目の高さ方向の位置関係がユーザの印象形成にどのような影響を及ぼすかを検証した.実験では,ぬいぐるみを天井から吊り下げ,参加者に対して音声による情報提示… 続きを読む »

MouthOver: 発話と口の表情を代替するマスク型デバイス

発話や口元の表情形成は,コミュニケーションにおいて重要な要素である.しかし,本人の性格や体調,生まれつきの外観などの精神的・肉体的要因によって,十分なパフォーマンスを発揮できないことがある.このような問題を解決するために,本研究では発話と口の表情を代替するマスク型デ… 続きを読む »

Luminous DJ: 操作情報を投影するDJインタフェースの提案

一般的に DJ の学習は,演奏動画や実際の演奏を視聴することによって行われる.しかし,手本となる演奏を見るだけで操作すべきUI の位置や操作量を読み取るのは負担が大きい.また,ライブ会場で用いられるDJ コントローラと学習者の所有するDJ コントローラとの間でUI の配置が異なる… 続きを読む »

MoviePerformer: 映像提示デバイスを把持して行うライブパフォーマンスのための映像編集ツール

エンタテインメントにおいて行われるライブパフォーマンスの一つに,パフォーマがスマートフォンやタブレット端末のような映像提示デバイスを手に持ち,表示映像と身体動作を連動させることによって手品のような表現を行うものがある.このようなパフォーマンスを制作する場合,映像と身体動作の双方で… 続きを読む »

RealitySphere: VRコンテンツのための球体型ARインタフェース

現在のVRコンテンツの大多数において,体験のたびにHMDを着脱するという方法がとられているが,いずれHMDは小型化・軽量化・無線化されて常時装着されるようになり,VRとARの両方の目的で日常的に使われるようになると予想される.そのような状況において,コンテンツ選択のためにどのよう… 続きを読む »

Satellite Eyes: 人の周囲を回転するカメラアームを用いた視野拡張システム

朝の身支度や服の試着時において,自分の背面や側面の姿を確認しながら作業を行うのは難しい.そこで本研究では,壁に固定された回転するカメラアームによって自分を任意の方向から撮影するシステム「Satellite Eyes」を提案する.ユーザはタッチディスプレイを操作することによって見た… 続きを読む »

SensorAnimator:センシングとアニメーションを組み合わせた科学教材の提案

電子工作ビギナーが実世界とコンピュータを連動させたシステムを作れるようになるには,センシング技術についての理解が重要である.そこで本研究では,創作を通してセンシングについて楽しく学べるツール「SensorAnimator」を開発した. SensorAnimatorはセンサから得た… 続きを読む »